三井矯正歯科医院は乱ぐい歯、出っ歯、すきっ歯、受け口の豊富な歯列矯正治療実績がございます。

矯正治療について

ご予約・お問い合わせ TEL:06-6474-5600

診療時間
9:30〜12:30 診療 診療 診療 休診 診療 診療 休診
15:30〜18:30 診療 診療 診療 休診 診療 休診

※木・日・祝日・土曜午後は休診です。

韓国語・英語対応可能です。

アクセスマップ

阪神「姫島駅」を出て大きな通りを北東方向へ250m進むと「三井矯正歯科医院」の看板が見えてきます。

アクセスマップ

診療メニュー

  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 歯科訪問診療(往診)

医院のご紹介

  • 院長ごあいさつ
  • 治療方針
  • 医院概要
  • アクセスマップ

丈夫できれいな歯は心身とも健康で幸せな生活を導きます

噛むこと(咀嚼)は全身の健康に大きな影響を及ぼします
  • よく噛むことは唾液の分泌を促進します。唾液の中には口の中の組織を健康に保たせ、病原菌の侵入を防ぐ物質が含まれています。
  • 食べ物をよく噛むと脳内血流量が増加し、中枢神経系の働きが活発になるため、健康と長寿に繋がると言われています。
  • 咀嚼機能の喪失は、結果的に心身の疾患を誘発させることがあります。
きれいな歯並びと好ましい顔貌で
心身健やかな生活を享受

歯並びが悪く食べ物をよく噛めないと、唾液の分泌も少なく食べ物を半分丸?みすることになり、胃に負担をかけます。また正しい発音で言葉を発することが困難になったり、外見上のコンプレックスが生じたりし、心身とも積極性に欠く生活に繋がります。
不正咬合は遺伝的な原因もありますが、上下の顎の不調和による場合が多く、指しゃぶりや弄舌癖等の悪習慣に起因するとも言われています。
顎の成長は、成長時の子どもの場合、歯並びが悪くなると、上顎や下顎の好ましい成長発育が妨げられ、様々な不正咬合の形に発展します。
子どもはもちろん成長発育が終わっている大人も、きれいな歯並びと健全な噛み合わせは、おいしくよく噛み心身ともに健康な日常生活を楽しむために大変重要です。
矯正治療は年齢に関係なくどなたでも行うことができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

家族の写真

子どもはもちろん成長発育が終わっている大人も、きれいな歯並びと健全な噛み合わせは、おいしくよく噛み心身とも健康な日常生活を楽しむために大変重要です。
矯正治療は年齢に関係なくどなたでも治療出来ます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

歯並びが悪いと全身的な健康に影響
  • 歯の重なりなどによる磨きにくさのため、虫歯ができやすくなります。
  • 子どもの場合は、正常で好ましい顔貌の成長発育が期待できません。出っ歯、受け口、開咬、叢生、交叉咬合などの不正咬合は、口の周りの筋肉や舌の働き、食物の嚥下にも好ましくない影響を及ぼします。また、よく噛めないため顎関節の動きが悪くなり、顎関節症を引き起こす場合もあります。
  • 全部の歯が生え揃った大人の場合は、虫歯だけでなく歯周病になる可能性があります。歯周病が重度の場合、自然脱落、抜歯を余儀なくされ、咀嚼機能が低下し、バランスよい栄養の摂取が困難になるため、質の高い日常生活(QOL)が期待できなくなります。
  • 外見を気にして心理的にもコンプレックスを感じ、社会的に積極性に欠けることに繋がります。

矯正治療を始める時機と治療期

乳歯だけ生えている乳歯列と、乳歯と永久歯が混在する混合歯列の場合

子供 遺伝的な要素を含む骨格的な原因が考えられる場合には、早期治療が望ましいです。殆どの場合は、適齢期まで様子をみます。
混合歯列の場合には、永久歯を正しい位置に誘導するため、早期治療を必要とすることが多いですが、子どもの成長発育の様態を考慮すると、12~13歳前後が適齢期だと考えられています。
なお、患者さまの症例によって様々な治療方法がございます。

乳歯が全部入れ代り永久歯列になってからの治療期間

子供 およそ2年前後、症例によってはもっと延びる場合もあります。

大人の場合の矯正治療

大人 20代、30代の方はもちろん、40代、50代も年齢に関係なく矯正治療ができます。
しかし、大人の場合は顎の成長発育を利用して行う子どもの治療と異なり、顎の中での歯の移動に限られる治療になります。
永久歯が全部揃っている大人の場合と、歯周病を患っている場合、抜歯による欠損状態や欠損補綴を施されている場合などもあり、それぞれの症例によって治療方法の制限や困難が生じることも考えられますが、基本的に何歳でも矯正力を用いた歯列の矯正は可能です。

矯正治療の流れ

初来院相談
口腔内の歯列の状態と顎、顔面の状態を診察し、大まかな治療方針、治療期間について説明します。
検査及び資料とり
治療が決まれば口腔内の精密検査、口腔内写真、顔面写真(正貌、側貌)、上下の歯型、X?線(パノラマ、側貌、正貌等)をとります。
診断
採得した資料に基づいて、不正咬合の診断を行います。治療方針、治療方法、治療期間などが決まります。
矯正治療
診断に基づいて治療が始まりますが、前処置として歯の移動を妨げられる晩期残存乳歯、過剰歯、埋伏智歯の抜歯あるいは虫歯、歯周病の治療を必要とする場合があります。これら前処置は、当院で対処することができます。
装置の撤去及び保定
矯正治療が終了すると、移動された歯牙が元の位置に戻らないよう、治療期間に相当する期間保定装置を嵌めます。
アフターケア
一定の間隔(3~6ヶ月)で来院し、口腔内の歯の状態を観察。再発したか否かをチェックし、保定期間が終われば治療の終了となります。

矯正治療料金表

診断料
(診断資料に基づいた治療方針決定のための料金)
50,000円
基本治療料
(乳歯と永久歯が混在する混合歯列の場合は半額のみです。
 但し、学童期の子供で比較的軽度と思われる症例の場合は
 程度によって100,000円?150,000円の基本治療料になります。
 以後、全永久歯を対象の全額治療が必要な場合は残りの
 差額をお支払い頂きます。)
700,000円
調整料
(治療中の矯正装置調整及び交換料金)
5,000円~10,000円
特殊装置料
(顎の拡大、大臼歯の後方移動装置または前方移動防止装置、悪習慣
防止装置、その他患者の症状に応じて治療目的のための必要な装置)
35,000円~50,000円
保定装置料
(治療終了後、歯が元の位置に戻らないように保たせる装置。
装置撤去料、歯面研磨料、資料採得料を含む)
140,000円
抜歯料
(矯正治療のために永久歯を抜歯する場合)
7,000円
  • ※歯冠色のブラケット希望の場合別途追加料金
  • ※装置の修理および再制作費用は含まず

当院の矯正治療例

長年の経験と最新の研究を取り入れた治療法により、様々な症状の患者さまに治療を実施してまいりました。
ここでは、三井矯正歯科医院での治療例を一部ご紹介いたします。
※患者様のご都合により計画通り、ご来院されていない期間も含みます。
出っ歯・乱ぐい歯の治療例
  • Before
  • After
性別
女性
年齢
初診時 13歳
治療期間
2年4ヶ月
出っ歯・乱ぐい歯の治療例
  • Before
  • After
性別
女性
年齢
初診時 12歳
治療期間
1年11ヶ月
受け口の治療例
  • Before
  • After
性別
女性
年齢
初診時 15歳
治療期間
2年1ヶ月
右交差咬合の治療例
  • Before
  • After
性別
男性
年齢
初診時 21歳
治療期間
1年10ヶ月
出っ歯、空隙歯列の治療例
  • Before
  • After
性別
女性
年齢
初診時 39歳
治療期間
1年10ヶ月
受け口、顎変形の治療例
  • Before
  • After
性別
男性
年齢
初診時 18歳
治療期間
4年8ヶ月
叢生(乱ぐい歯)の治療例
  • Before
  • After
性別
男性
年齢
初診時 24歳
治療期間
1年8ヶ月
受け口、開咬の治療例
  • Before
  • After
性別
男性
年齢
初診時 24歳
治療期間
2年6ヶ月
このページの上部へ